Home 岡山県外 兵庫県 赤穂海浜公園(兵庫県)その...

赤穂海浜公園(兵庫県)その2

赤穂海浜公園その2は砂浜で異彩を放つ難破船からスタート。中は子どもが楽しい仕掛けが沢山。5歳児はアスレチックに挑戦です

その1で紹介した巨大な砂場「赤穂砂丘」に打ち上げられた難破船

船の横からネットで登れるようになっています

穴の空いた船底あたりを除くと、鉄骨が良い味を出していました

2つに折れた船の甲板。片側は滑り台とロープ付き上り坂

反対側は階段状になっていて

ハシゴで更に上へ

登り切った先は吊り橋

太いマストに橋がかけられています 

遊具とはいえ、本物の船のような迫力 

下に降りる途中、かわいい丸窓発見

難破船のすぐそばには、脱出用だったのでしょうか

小舟も置かれています

ほかにもターザンロープや

難破船の方を向いて置かれた、謎の砲台がありました

難破船、赤穂砂丘周辺は、休憩用スペースが豊富

ベンチやテーブル、屋根もついているので

大人は少し離れて見守りもできます

ベンチ周辺の風景も南国っぽい景色

和風あずまやっぽい休憩場所もあります

難破船裏は「ジャブジャブ池」

冬場は水がありませんが、夏には水遊びできるらしい

そばにシャワー&足洗い場も発見。至れり尽くせりです

大きなマツの林があり、子どもたちは松ぼっくり拾い

ジャブジャブ池を渡る石橋の先は 

湖のほとり

気持ちは分からなくも無いですが、泳ぐのは禁止

次はアスレチックゾーン

小学生や、大人もチャレンジしがいのある

アスレチック遊具がたくさん。揺れ動く丸太や

グラグラロープを伝って移動する「にんじゃわたり」

定番のロープクライミング

手すりを使って木のステップを超えると

丸太の平均台

地味に難易度が高い、木の飛び石

これは難しかった!綱渡り

アスレチックの吊り橋はデコボコでスリルがあります

ジャンプの高さを測って

馬跳び

 

難破船そばのほか、アスレチック側にもターザンロープ

ロープに大きなボールがついているので

小さな子でも行けるのですが

スピードにのると、終点で体が真横になるほどの勢いが付きます

さらにターザン系の遊具

あっちとこっちをロープを飛びながら行き来します

そしてアスレチックの親分は、このロープと木の要塞

高さもかなりあります

アスレチックの横は大きな芝生広場なので

ここでお弁当食べてる人も居ました

アスレチックエリアの端っこには、小山とローラー滑り台

ローラーは太めで、よく転がります

「ソフトローラースーパー滑り台」という

何だか凄そうな名前がついていました

滑ってみると、確かにお尻に優しい気が

その1、その2で遊具を満喫。これで終わらないのが

赤穂海浜公園のすごいところ

その3は遊園地へGo!

モバイルバージョンを終了