Home 番外編 京橋朝市@旭川河川敷

京橋朝市@旭川河川敷

岡山県庁裏の旭川河川敷、夏には花火大会でにぎわうこの場所では、毎月1度夜明けごろに朝市が開かれています。グルメや魚、花、野菜など大充実の屋台は時代に合わせてオシャレに進化し続けています

※記事は2015年冬のものです

まだ夜が明けきらない早朝、車をコイン駐車場に停め

まだ寝ぼけマナコの子どもと一緒にやって来ました

岡山県内でも最大級の規模と歴史のある朝市です

すでに多くの人で盛り上がっています

河川敷にもたくさんの屋台。澄んだ空気に灯りが綺麗です

ずらーっと並ぶ屋台

火の見やぐら?の鉄塔そばには石畳のスロープがあるので

階段が心配な方はこちらから河川敷へ

父ちゃんが子どもだったころは、こんな干物や

海産物

新鮮さがウリのお魚や

お花

八百屋さん

漬物屋さん

味噌のお店・・・などなど、食材中心に売っていた記憶が

うっすら残っていて、変わらぬ風景がありました

カゴに盛られたミカンは色鮮やかで目立っています

干し柿も美味しそう

訪れた日はその年の最後に開かれる歳末の〆市だったので

お餅や

お正月飾り用の花なんかも売っていました

グルメ屋台は時代とともにドンドン充実してきています

串焼きはモウモウと煙といい香りを放ち

すっかり定番の「ケイコの肉まん」

ピザ!しかも石窯!本格的でオシャレ

そばでは炭焼きの鶏が炎の中を踊っていて

国際色も豊か。小籠包に

タコライス

ナンカレーに

甘い香りのベルギーワッフル

岡山からはたこ飯

カキフライ!

シンプルに「すし」と書かれたのれん?がカワイイ

お豆腐屋さんはできたてをいただけます

カラフルなカレー屋さんのそばには骨付鳥

ラーメンはいつでも大人気の行列

一通り見て回って5歳娘が選んだのは

丸くて揚げたてコロッケ

8歳男児はラーメン一本勝負

みんな、石段に腰掛けて食べています

お店によっては、席をもうけてくれているところもあります

父ちゃんはスパイスの香りに引っ張られて

カレー屋さんに突撃。朝市なのにガラスの器と金属のスプーンで提供

(当たり前ですが要返却です)すごく本格的な味で美味しかった

母ちゃんはウフフフ~とスイーツ購入

散策中に目についたのは、コーヒーショップの多さ

ちゃんと一杯ずつ注文を受けてから作る本格仕様が多かった

お菓子やパン、スコーンを売っているお店も

何店もありました。店がどれも可愛らしい

子どもたちは見た目に惹かれてジンジャーブレッドを購入

8歳はカエルがお気に入りです

トイレはお稲荷さんの近くに

公衆トイレがあります。綺麗です

お腹もいっぱい、ミカンもゲットして

さあ帰ろう・・・・と思っていると

何故か手には生クリームがタップリのスイーツが。朝市の魔力

早朝からという雰囲気、岡山のグルメ屋台が大集結

大規模グルメイベントが毎月あるようなもんです

早起きは3文の得。来ても飽きないほど

魅力たっぷりの京橋朝市でした

モバイルバージョンを終了