国営讃岐まんのう公園(香川県)@冬イルミネーション

国営讃岐まんのう公園のイルミネーション、広場いっぱいに咲いた光の花の中をあるくことができます。豪華ですが広さもほどよく、大人も子どもものんびり歩いて楽しめました

(記事は2017-2018シーズンの様子です)

すっかりクリスマスムードの公園

暗闇から飛び出す龍は、迫力3割増し

入ってすぐの場所に輝く星のタワー

マスコットの「ドラ夢」も赤や黄色に浮かび上がります

カレーなど軽食を室内や、外のテーブルで食べられます

星のツリーの周りは青い光と、奥には光の滝

園内を進みます

お花も草も

木もキラッキラ

グラスのタワーを発見

透き通った光は、LEDとはまた違った柔らかな雰囲気

奥の広場には、圧巻の光の川と花

奥へ奥へと続きます

休憩どころもすきまなく電飾

青色のアーチをくぐった先には

マスコット「ドラ夢」の家と

なんだか人が大勢集まる場所。何かなー、と、のぞいたら

炭火が起こされていて、とてもポカポカ

ポテトやスープの屋台もあって

ここまで歩いた寒さが吹き飛びます

温まったところで、光の花畑へ向かいます

滝も幻想的にライトアップ

さぁ、光の花畑へ突入

夜の闇にフワフワと浮かんだように見える電飾

視界いっぱいのイルミネーション

小高い丘に登れば全景が見えます

先ほど見た滝や

歩いてきた光の花畑を振り返ります

我が家はここまでゆっくり歩いて40分程度

8割方歩いたところに登場したのは屋台村

ラーメン、やきそば、ポテトにあげタコ・・・

風よけのあるテントの下で食べられます

ルート最後に登場するのは光のアーチ

ペットボトルを上手に切っていて

宝石のように輝きます

こちらは蛍光インク?

ブラックライトで深海生物のよう

虹のアーチをくぐって、入り口付近に戻ります

讃岐まんのう公園は、小学生でも歩ききれるくらいの面積に

イルミネーションが上手に集められていると思います

平坦な通路も多く、ベビーカーも苦になりませんでした

 

岡山から比較的近い国営公園では

この讃岐まんのう公園と備北丘陵公園(広島)が

大規模なイルミネーションをしているようです