Home 岡山県北 勝央町 ノースヴィレッジ(勝央町)...

ノースヴィレッジ(勝央町)その2

山の中に作られた、ノースヴィレッジのアスレチック。ローーングなローラーすべり台をはじめ、大きな子向けのスリルある遊具から、小さな子向けの凹凸の少ない仕掛けもあり、年代問わず楽しめます

入り口から坂道を登ってコテージ村の中ほど

谷にかかった立派な橋を渡ります

眼下には川のせせらぎの風景

谷を渡ると、アスレチック広場に到着

アスレチックに期待していた子どもは

早速階段を駆け上がります

やぐらに登ります

上からみるとこんな感じ

やっぱりいつでも大人気、ターザンロープを発見

ロープのアスレチックは

幼稚園児には少し厳しめかな。小学生なら手応え充分

こうなるとSASUKEな気分で

 

張り切って高い場所からスタート!

小学2年生、下に足をつかないように・・・・と

ぐんぐん進みます

さらに滑り台の鉄骨の隙間を縫うように通る

ネットパイプ。上りもでこぼこもあります

幼稚園女児、ここは気合でのり切ろうとするも

途中リタイヤ。父ちゃんが救出に向かいます

4歳くらいでもスイスイ進んでる子もいました

ネットの登り降りをマスターした7歳児には

通路にロープが張られたくらいでは、何ともありません

綱渡りも楽しそう

歩くのが楽しいくらいの小さな子向けにも

小型の滑り台や

 

ゆらゆら吊り橋

動かして色々と遊べる壁の遊具や

動物の形の輪くぐり

平均台

 

カラフル障害物の床、などなど楽しめる仕掛けがあります

上下に曲がった遊歩道もあるのですが

横から見るとかなり角度がついていて

登ったはいいけど、降りるのが怖くなった4歳

手すりを必死でつかんでフウフウ言いながら

降りていました。頑張った

メインイベントは山中をさっそうと滑り降りる

ローラーすべり台。乗り場は階段でも登れますが

テンションの上がった4歳、ここはあえてロープで登ります

 

林の中に向かって伸びる滑り台

ローラーは太いタイプ。滑りは良好で

木々に囲まれながら

最後はくるりと1回転して到着

長い距離滑るので、もう1度!となると

結構な山登りが待っています。大人もかなり運動になりました

林の中を見ていると、アカマツを発見

ということは、マツタケがいるのかな・・・・

アスレチックの中には椅子やテーブルもあって

大人はここで子どもを見ていられそうです

ノースヴィレッジのお楽しみはまだまだ続いて

 

その3はふれあい動物園と、見事な芝生広場に向かいます

Exit mobile version