ハイランド公園(高梁市)

山の傾斜を利用した超巨大複合遊具が待っている、高梁市のハイランド公園。昔懐かし「きびの郷ワンダーランド」跡地は、歩いても歩いても遊具です

スポンサーリンク


岡山市からだと、下道を車で1時間半程度。「大型遊具」の看板にさそわれて

やってきました

「神原スポーツ公園」というスポーツ大会では馴染みのある公園に

隣接しています。入り口はこちら

無料の駐車場もあります

入り口から早速ダッシュする子どもたち

駐車場から、まず見えたのは大きな池

この公園、30代の父ちゃんにはとっても懐かしい

「きびの郷ワンダーランド」という遊園地の跡地です

一部はパターゴルフ場になっているようでした

駐車場から公園までの道中に、自販機も発見

歩いて5分程度、ようやく公園が見え始めました

遠くから写真を撮っても、収まり切らない大きさ

これで全体の2割から3割程度

大きさに感心しつつ、見たことない遊具を発見

周囲の木から落ちる木の実が集まるんだそうです

展望台のよこにある電話ボックスみたいな箱は

落ち葉が入った「虫の巣箱」だそうです

子どもは遊具をみるなり、歓声を上げて消えてしまいました(^_^;)

どこ行ったんだよぅ

巨大複合遊具には、こういう小島のような遊具が沢山接続されています

長い廊下が、小島を繋ぎます

小島には色んなカタチが。ネットや、はしごが組み合わせられていたり

パラボラアンテナを向かい合わせた

これは声伝管のようなもんでしょうか?

お馴染みの滑り台も

こちらは壁登りできるようになっています

坂を登るだけでも、色んな工夫がされています

裏からのぞくと、鉄骨でバリバリ補強されています

さすが巨大遊具

ローラー滑り台も、もちろんあります

遊具の間をくぐるように伸びています

ローラー滑り台は大小様々のサイズがありました

いくら写真を撮っても、全体を写しきれません

なんとか大きさを伝えたいと思うのですが・・・

全体はどうやっても写しきれませんでしたorz

こちらはネットが張り巡らされた小島

巨大遊具は山の斜面を使って、斜めに大きく広がっています

斜面の頂点にあるのは、お城のようなこちらの遊具

アスレチックのようになっていて

あちこちに足を引っ掛けて上る子どもたち

遊具をささえる鉄骨は主に茶色で塗られていますが

遊具部分は赤や黄色、緑など明るくカラフルな色使い

斜面下側には、半透明のボックスが並んでいました

パイプ滑り台3兄弟を発見

遊具の向こうには、パットゴルフ場がありました

木々や池に囲まれて、とても空気の良い場所です

次は巨大遊具を下から眺めてみます

左右にぐいーっっと大きいんですが・・・・・・パノラマ写真とかじゃないと

伝わらないだろうなぁ・・・

遊具下側にも大きなローラー滑り台が

山の下から巨大遊具の裏を見ると、

遊びの施設とは思えない本気の建築っぷりが垣間見えます

また、巨大遊具の隣には、大きな大きな芝生斜面があり

虫取りなどは、それはもう目一杯楽しめます

お昼からやって来て

ぐるっと遊んでまわっていると

あっという間におやつの時間~夕方が来てしまいました

ちなみに、大きな遊具ですが

屋根付きの休憩所や

木々の下にレジャーシートを敷くなどすれば

暑い季節でも日陰の下で子供を見守れます

トイレは巨大遊具の上にありました

岡山でもトップクラスの巨大遊具は一見の価値あり

お弁当を持ってくれば、一日十分楽しめると思いますよー

 

スポンサーリンク