そうじゃ水辺の楽校(総社市)

総社市の高梁川沿いに整備された「そうじゃ水辺の楽校」。川遊びはもちろん、はてなく広がる草原で、バーベキューや虫取り、ボール遊びなどなど、外遊びを満喫できますよー

スポンサーリンク

場所は総社市中心部から車で15分程度

岡山市からも、道が混んでなければ1時間かからないと思います

駐車場はもう完全無料の止め放題

駐車場そばには、早速凧揚げなんかによさそうな

芝生の広場が広がります

そのお隣は運動場。写真右奥に小さく見える

ねずみ色の四角はトイレ。簡易ながらも手入れがされているようで

水も出ます。ありがたい。ペーパーは持参が無難です

カヌーのパドルがオシャレな案内板によると、敷地は

南北に長ーく広がっています

今回は半分から北のエリアを中心にご紹介

ちなみに南側は遊歩道も整備された自然観察エリアのようです

のどかな風景が広がります

では、案内板のあるエリアまでもどって、中心部から北をご紹介

猛暑日だったということもあるのでしょうが、

日曜日の午前中だというのにこの空きっぷり!

高梁川から水を引き込んだ、涼しげな水場

すばらしい風景!リゾート気分さえ味わえます

木陰は少ないので、タープを持ち寄れば幸せ倍増です

父ちゃんが荷物を置いていると、子どもらは早速水辺で遊び始めます

天候にもよるのでしょうが

水は綺麗だと思います。が、何が落ちているかわかりません

川に入る際は、脱げにくいサンダルなどを履くことをお勧めします

小さなメダカの群れなど、生き物も沢山住んでいます

2歳児は手を引かれ、恐る恐るチャプチャプ歩きます

砂地をズリズリ移動する貝に、興味津々の5歳児

大人な父ちゃんは少し向こう岸まで進んでみました

冷たい水がとても気持ちよかった

事前に申し込みが必要ですが、カヌーの貸し出しもあるようです

船を下ろすための立派な船着場もあります

水場をさらに北へと進むと

さらに細く浅く、子どもが遊びやすいように水を引き込んだ遊水路

自作の道具で川の中をのぞく子どもや、水浴びする子どもで賑わっていました

遊水路の仕切りはこんな感じ。飛び石を渡った先は

少し深めの水路

さらに北へ進むと

地面は草から石へ変わってゆき

立派なレキ河原があらわれます

そしてこれが高梁川の本流

岡山三大河川の1つの雄大さが存分に味わえます

レキ河原近くにも、広大な原っぱが広がっています

デイキャンプのほか、カヌーを持ち寄ったり

アウトドアスポーツを楽しむ人たちが結構居ました

2歳児はどこへ行っても砂遊びが大好き

朝から陣取って、昼はバーベキューして、水遊びして

ボールで遊んで、虫取りして・・・・・たっぷり一日遊んで帰ろうとすると

珍しいものを発見。水汲み手押しポンプがありました

押すと空気と水の混ざるジャブジャブ音を響かせながら

地下水が出てきました!

なんせ休日にこれだけ広大なスペースが空いており

川遊びも出来るなんて、素敵です

とってもオススメな遊び場ですが、相手は自然の川です

川には急に深い場所があったり、足を切るようなものが落ちたり

流れ着いている可能性もあります。雨の後には増水も怖い

 

水遊び用のサンダルや、浮き具なども準備して

よーく注意の上、みんなで楽しく外遊びしましょうねー!

スポンサーリンク