Ingress@岡山県内




Googleが運営する、Ingress(イングレス)というゲームがあります。現実と仮想を織り交ぜた「陣取り合戦」。自分も実際に移動しないと遊べない仕組みが面白い。岡山県内でも楽しく遊べるので、簡単にご紹介

ingress_okayama_000

(※写真などは、2014年秋ごろのものです)

ゲームの始め方や、詳しい遊び方

岡山県内で開かれているingress関連イベントの情報は

iPhoneで「Ingress」(イングレス)に登録する方法 – できるネット

とか

スマホを持って歩こう! GoogleのAR陣取りゲーム「Ingress」(イングレス)の遊び方まとめ – できるネット

とか

ingress岡山 | 『ingress(イングレス)』岡山を中心とした情報サイト

などのサイトを見るとだいたい分かります

 

とりあえずは難しいことは考えずにアプリを入れて

緑チーム(エンライテンド)に入るか

青チーム(レジスタンス)に入るか選んだあと

近くのポータルという目印を見つけて

そこの場所まで本当に移動するところから、ゲームが始まります

陣取りでもあり、スタンプラリーでもあると思います

ingress_okayama_001

アプリを入れると、いつもの岡山駅前が

ingress_okayama_002

スマートフォンの画面では、こんな感じに見えちゃいます

もう岡山でも駅前でもない、別世界に見えます

ingress_okayama_006

ウニみたいなのが、ポータルという目印

ポータル(目印)を3つ、三角形で結ぶと、陣取りの「陣」が取れます

ingress_okayama_003

駅前の桃太郎も

ingress_okayama_004

ポータル(目印)に

ingress_okayama_005

桃太郎大通りの

ingress_okayama_007

こーんな石像も

ingress_okayama_008

ポータル(目印)になっています

 

三角形を作るための目印(ポータル)は、すべて現実にあるものです

それは石像や建物、駅や郵便局だったりします

ingress_okayama_009

ゲームで遊ぶ人は、三角形をつくりたかったら

実際にその目印(ポータル)のある場所に行かないといけません

そのためにスマートフォンのGPSが使われています

 

岡山県内でも日夜

緑の青の陣取り合戦が行われています

県内でも特に盛んなスポットは、岡山駅前のほか

 

こんな平和な西川緑道公園も激戦区の1つ

ingress_okayama_010

岡山地裁あたりから、岡山大医学部まで

西川、枝川緑道公園の石像なんかも

ずらーっとポータル(目印)になっています

ingress_okayama_011

ゲームを始めると

西川散歩は、激しい戦いの舞台に大変身

ingress_okayama_012

お花が綺麗な西川アイプラザも

ingress_okayama_013

青と緑が、色を変え陣を張り、せめぎ合っています

ingress_okayama_014

その他、後楽園や岡山城付近

ingress_okayama_015

倉敷の美観地区

ingress_okayama_016

井原の田中美術館周辺

ingress_okayama_020

県北では津山市や

ingress_okayama_017

湯郷温泉街

ingress_okayama_018

湯原温泉、あの「砂湯」もポータル(目印)です

ingress_okayama_019

岡山県を俯瞰でみるとこんな感じ(2014年秋ごろの情勢)

ポータル(目印)は、やはり都市部に集中しがちですが

ingress_okayama_022

岡山県内でもポータル(目印)は増えています

ローソンなど、お店や企業がポータルになる例もあります

ingress_okayama_021

このゲームを始めると、実際に沢山移動する必要があるので

平気で2時間お散歩したりします。大変健康に良いです

 

また、色々な場所を歩いて綺麗な紅葉に出会ったり

ingress_okayama_023

桜が綺麗に咲いていたり

ingress_okayama_080

普段通らないような地域の、ちょっと素敵なスポットを

偶然知ることができたりします。

画面上だけじゃなくて、本当に外に出ないと遊べないところが

とっても面白いです。

 

急ぎ足で大ざっぱな紹介になってしまいました

試しに一度、遊んでみませんか?

もしチームに迷ったら・・・・・・・・

父ちゃんは青チームでこーーーっそりと、お待ちしております