さぬきこどもの国(香川県)その2




さぬきこどもの国、その2では児童館から外へ出ます。遊具に原っぱはもちろん、ドラゴン、飛行機、電車・・・屋外も、魅力が大盛りてんこ盛りです

児童館正面入口近くから、どーんと突き出しているドラゴン

入り口のドラゴンヘッドは、火を吐く代わりにすべり台を出しています

すべり台は2方向から。子どもに優しいドラゴンです

頭からノドを通ります

ノド近辺からもネット遊具が飛び出して

胴体に突入。デコボコジャングルジム状態や

小さな階段を登ると、一部は児童館を通ります

テントくぐりや

亀の甲羅

木の杭が邪魔をすれば

声伝管が伸びていたり

うんていがネジれて・・

柔らかなニョキニョキは腸の中?

尻尾は階段。通り抜けるだけで結構アスレチックです

尻尾を抜けると休憩所。屋根付き&近くには自販機も

休憩所そばで見つけた、電車の駅

早速乗り込むと

昭和の香りが漂う車内。香川を走る「ことでん」の古い車輌です

2歳時はことでんより、ポッポ遊具

連結部分は2歳児にはスリル満点。お姉ちゃんがサポート

電車の先っちょはトンネル

最後尾はすべり台になっています

ポッポ遊具隣は、車とプロペラの子ども大好きセット

ゆらゆら動物で遊んだら

改めて児童館隣の原っぱへ。とにかく広い広い

原っぱ側から見た児童館。大きいです

滑走路を眺めながらお弁当が食べられるように

ベンチやテーブルがたくさんあります

原っぱにそって小道が伸びていたので進んでみると

道幅は広くなり、でも何だか通路が曲がってきて

グニャグニャデコボコの通路には穴もあります

穴はところどころで繋がっている様子

通路の端っこは水が出るようになっていて

暑い時期には水遊びもできそう

通路に沿って小川になって流れていき

最後は小さな水場に続きます

水場側には砂場と足洗い場

ジブリの映画で見た気がするような、黒いニョキニョキ

飛行機の離発着を見ながら、橋を渡ると

巨大なシーサー?のお隣に

空港を眺めるように置かれた1台の旅客機

国産旅客機YS-11の実物です

タラップから乗り込めます

入り口の小ささに歴史を感じます

中に入ると、これまた良い雰囲気

座席の布地や、手すりの灰皿、何もかもが古くてカッコイイです

コクピットにも入れます

2歳児でも操縦OK

女性操縦士も活躍中

無線機などの登録証がそのまま残してあります

もうお腹いっぱい遊んだのですが、なんということでしょう

まだまだ大きな遊具ゾーンや、サイクリング、お花畑もあるのです

「さぬきこどもの国」その3は

デカ盛りウドンもびっくりのお接待ぶりを紹介していきます