宇野港パーク(玉野市)




とにかく海が見たいんじゃぁ!と向かった先は宇野港パーク。

広くて素敵な公園なんですが、無料の駐車場はとっても小さいです

「宇野駅東」の信号を海側へ走り、産業振興ビルを通りぬけ、

公衆トイレのすぐ脇に、ほんの数台が止められる程度のものしか

僕は見つけられませんでした。有料なら近くにたくさんありますが。

また、この場所は海への落下防止柵が鎖一本だったり

下手したら柵が無かったりします。子どもが落っこちないよう、気をつけましょう。

とにかく広い。どっちを向いても広い

大型船が停泊する港だったりするので、ダッシュしたくなるストレートがあります。

でも、調子に乗ってミニ四駆とか走らせると、海に落っこちますので注意。

見たかった海は、佃煮にして売っても余るほど目の前に広がってます

晴れたら日の海風は大変気持が良いです。ルアー竿で釣りしてる人も結構います。

港らしいオブジェがありました

港の内側には、芝生の広場。これもまぁ広い広い。

JR宇野駅前と合わせてウオーキングのコースになってるみたい

日陰で休む場所もちゃんとあります。宇野駅近くにマルナカがあるので

お弁当やお菓子を買って、ココで頂きました

地元の方っぽい人が、散歩されながらゴミを集めている風景を目撃しました。

そうよなぁ、ゴミは帰らんとなぁ、と自戒を込めて、自分のゴミを片付け。

で、公園東側には少し小高い丘があります。登って公園西側をパチリ。

海のそば、芝生のどこまでも平らな広場、遊具はありませんが、素晴らしい景色です。

最初の虹色のチヌの写真ですが、

この公園には、2010年にあった瀬戸内国際芸術祭で作られた

チヌのオブジェがあります。

ちょっとメカメカしいお魚、30代オスの父ちゃんは「ZOID」とか思い出しますが

コレは海にあったゴミだそうで・・・近づいて見ると

間違いなくゴミでした。ちりが積もると七色のチヌになるんですね。

落下しないよう気をつければ、子どもが走りまくるのに最適な公園です

子どもが目を離して良いころになったら、釣竿抱えて来たいなぁ。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。