一本松展望園(瀬戸内市)




岡山ブルーライン沿いにある道の駅は結構遊べるスポット。まずは一本松展望園から。道の駅ですから、当然駐車場は無料。

日曜日だったので車が沢山。キャンピングカーで泊ってる人もいるみたい

すぐ目につくのはミニ鉄道公園!

ミニSLなど人手の要るものは土日祝のみの営業らしいです

鉄道公園、メインはやっぱりこれ。蒸気機関車と電動?新幹線に乗れるミニSLコーナー

小さくても本物の蒸気機関車。大人も憧れるおもちゃですね。

こっちを出発して、あっちから帰ってくる山の手1周コースです。

さぁ出発。30秒もしないうちに、視界がドバッと開けてきます。

瀬戸内の海、目の前に広がる多島美に見惚れます

トンネルも本格的。抜けるとソコには

太古の世界、恐竜のホネ型遊具が見えてきます

鉄橋をくぐるSL。座高の高い大人はちょっとドキドキします

ふみきりは形だけだと思っていたら本物。

列車が近づくと、ちゃんとカンカンと鳴ります。

SLの駅の周りは、木陰が沢山あり、ベンチもあります。

春から夏にかけては虫に少し注意が必要です。

展望スペース。SLに乗らずとも多島美が楽しめます

瀬戸内海の島々が

どう見えているか書いたパネルもありました。

お金を入れないと見えませんよー

これが一本松でしょうか?

木陰は沢山ありますが、あずまやもあります。

使われているのかな?大きな焼き窯があります。

鉄道公園らしく、本物のレールもドカンと展示

近隣を走る各JR列車の線路について、マニアックな解説があります

SLは有料(一人300円程度)ですが、海を望む景色は最高。

大人も必見、充分に価値があります。

恐竜の遊具や、その他のアトラクションに付いては一本松展望園(瀬戸内市)その2で紹介します。

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。