日生カキオコ・カキフライソフト(備前市)




紅葉が色づき始めたら、カキオコの季節。

牡蠣水揚げのニュースを見て早速、本場の日生へ。

最近はお昼ともなれば

磯の香りよりもソースの香りが漂ってきます。冗談抜きで。

お店がズラズラズラーっと並んでいるのは

日生港周辺だったりしますが、今回は少し離れた場所

人から「あの店は広いよ」と教えてもらっていた店

「タマちゃん」を目指しました。

車なら国道250号を日生駅前から、西へ進んだ左手

電車ならJR赤穂線の寒河駅前にあります

前を通ったことはありますが、来店は始めて

駐車場はお店の建物に隣接した場所に加えて

お店の東西に1か所づつあります

お店の入り口、11時開店で11時半ごろ訪れると

すでに行列ができていました

待つ人の為のイスが沢山用意されています

席数が多いので、一気にお客さんが入れ替わりました

そう待たずに入店。運良くお座敷に案内して貰えました

掘りごたつ式です

子供用の器やイスも貰えました

お座敷の他、カウンター席も多数

お待ちかねのカキオコ!父ちゃんが注文したのは

カキが250グラム入ってるとメニューにあった

「カキオコの丞」お値段1300円

大阪焼きのお好み焼き、表面に天かすが付いててカリっカリ!

中はカキの出汁がしみた生地がトロっトローーー。

半分はソースで、半分は塩で、っていうのがお店のスタイルみたい。

有難う、日生の海!有難う、漁師の皆さん!有難う、お好み焼き屋さん!

普通の「カキオコ」900円もありますが、カキが110グラムって

書いてあったので、折角ならとフンパツ!

奥にあるのは子どもがお好み焼き食べなかった時用の保険ヤキソバ

(結局カキオコ食ってましたが)

良いぞカキ!それ行け生地!頑張れソース!負けるな岩塩!と

1口1口、慈しむようにハフハフアツアツしたあと

駐車場で発見したのは日本地図

「どこから来たかピンを立てて」と書いてありました

よーく見ると、稚内から・・・・・・

ホンマかいな!久米島にまでピンが刺さってました

北海道から沖縄までってのは、間違いなさそうですが

満足満足、と日生駅前方面へ戻り

魚市場なんかがある「五味の市」へ

海の駅しおじは、コチラも名物の焼きあなごや

買った魚を焼けるバーベキューコーナーもありました

で、五味の市の建物内は

こんな感じのモロ魚市場。魚はモチロン、野菜も意外と安いです

歩いていると、おねいさんが「お魚買って!」と、声をかけてくれます

お姉さん方の誘惑をぐっとこらえて、建物の奥に行くと

これまた一昔前に話題になった「カキフライソフト」

カキフライが男らしくバニラソフトにブスッ!と刺さってます

かかっているのはチョコじゃなくて醤油です

コチラの味は食べてのお楽しみで。

決してマズくは無いので、安心?してどうぞ!

新作のエビフライソフトも有るそうです

カキはシーズン初めには、やや小ぶりですが

年明け頃には大きくプリップリになっていると思います。

 

カキオコ店は沢山あって、食べ比べも楽しいですよー

(Topページのリンクから、地図のあるHPへ行けます)

最近は狭いお店でも、子連れに優しく対応してくれたり

子ども用のイスやお椀をくれる所が多いです

他の店にも行ったら、また紹介しようと思いまーす

 

その他、 カキオコ店が多いエリア近くで子どもを遊ばせるなら

日生運動公園(備前市)

少し道が悪いですが、備前瀬戸の海の絶景を楽しむなら

みなとの見える丘公園(備前市)

がオススメです。素敵なカキオコ旅を!