いぶきの里スキー場(新見市)




新見市のいぶきの里スキー場、子ども向けキッズパークでは巨大恐竜にびっくり。コンベヤ式のリフトでソリ遊びもラクラク。食事処や休憩所も充実しています

ibukinosato_ski_000

 

(注:記事、写真は2014年の様子です)

岡山市から高速を使って2時間弱で到着

駐車場は無料です

ibukinosato_ski_001

駐車場にはトイレと自販機が

ibukinosato_ski_002

駐車場からゲレンデは少し距離がありますが

シャトルバスが回ってくれます。これも無料

ibukinosato_ski_003

レトロでかわいいシャトルバスが到着

ibukinosato_ski_004

走ること数分でスキーセンターに到着

ibukinosato_ski_005

更衣室前には

ibukinosato_ski_006

乾燥機とロッカー

ibukinosato_ski_007

チケットカウンターで、キッズパークの入場料を払って

ibukinosato_ski_008

ゲレンデへ。休日で賑わっていました

ibukinosato_ski_009

キッズパークのチケット。入場料に加えて

カードの保証料が必要ですが、カードを返却すると

保証料は返金されます

ibukinosato_ski_010

入り口に到着。早くも遊具が奥に見えます

ibukinosato_ski_011

カードを「ピッ」として、ゲートをくぐり

ibukinosato_ski_012

エリア内は、なだらかな斜面が広がっています

ibukinosato_ski_013

これがコンベヤ式のリフト

ibukinosato_ski_014

動く歩道。スピードはゆっくりですが、ラクラクです

ibukinosato_ski_015

早く滑りたいけど、ゆっくり進むので焦れったい6歳児

ibukinosato_ski_016

4歳女児も頑張ります

ibukinosato_ski_017

斜面の下にはマットが敷かれていて

雪に大激突するのを防いでいます

ibukinosato_ski_018

普通の公園に置かれているような遊具もあります

ibukinosato_ski_019

パイプの滑り台も楽しいのですが

ibukinosato_ski_020

こっちにどうしても目が向きます。恐竜デカイ

ibukinosato_ski_021

お尻からお邪魔して

ibukinosato_ski_022

口からぼよ~んと滑りおります

ibukinosato_ski_023

鼻が長過ぎるゾウさん、中を除くと

ibukinosato_ski_024

頭の部分が、子どもの巣になっていました

ibukinosato_ski_025

飛行機もあったのですが、うっかりしてたら空気が抜けてました

ibukinosato_ski_026

斜面の端っこでは、プチ雪まつりが各所で開かれていて

かまくらのほか、滑り台も斜面もあるのに

雪で滑り台を作る人も居ました

ibukinosato_ski_027

キッズパークの前は休憩室になっています

ibukinosato_ski_028

床暖房でぽっかぽか

ibukinosato_ski_029

ロッカーもずらり

ibukinosato_ski_030

休憩して戻ると、雪の滑り台にトンネルが完成していました

ibukinosato_ski_031

センターハウス内には、レストランがあり

ibukinosato_ski_032

席数も多いんですが、お昼はギュウギュウに混雑します

ibukinosato_ski_033

雪遊びの道具や、手袋なんかも売ってました

ibukinosato_ski_034

大人が滑りたいんじゃぁー、という方には託児ルームもあるようです

ibukinosato_ski_035

託児ルーム裏の山にも子どもが沢山いました

キッズパーク外なので入場料は不要

急斜面なので登るのは大変ですが

ソリが無くても滑る(滑り落ちる?)ので人気のようでした

父ちゃん家の6歳児も、ギャーギャー言いながら昇り降りしていました

ibukinosato_ski_036

さらに、スキー場らしからぬ、焼肉屋を発見

地元の千屋牛はもちろん、食べ放題も有るらしい

たまらん匂いが漂います

ibukinosato_ski_037

スキー場のお隣には温泉施設もあります

快適すぎて帰りの眠気に注意かも

ibukinosato_ski_038

なぜか雪山に来るとゴロゴロ転がる4歳児

ibukinosato_ski_039

昼前に到着して、夕方までたっぷり遊んだら

6歳も4歳も、帰りの車中は目を覚ましませんでした

(記事は2014年冬の様子です)