池田動物園(岡山市北区)その1

岡山県内最大、さらに私設動物園としては日本最大級の規模を誇る、岡山市北区の池田動物園。昭和を残しつつ、進化も続ける園内をご紹介。大人は懐かしく、子どもは楽しい1日間違いなし!

スポンサーリンク

JR岡山駅から車で15分ほど。岡山市の都心部近くにある池田動物園

さすがに駐車場はたっぷりあります。有料です

こちらが入り口。子どもは待ち切れずウズウズ

1年間有効のパスポートをゲット

年に3、4回来れば、元が取れる値段です

ベビーカーのレンタルもあります

入ってすぐの場所には、動物のお食事タイムの案内があります

初めにチェックしておくのが吉でしょう

年季の入った看板。公衆電話の場所が大書きされているのが

時代を感じます。地図は古く、現在の様子とは異なるそうです

現在の地図は入り口でパンフレット形式の物が貰えます

入ってすぐ、この風景は30代の父ちゃんにも懐かしい

売店はオリジナルグッズのほか、飲食も充実しています

入口正面にある立派な樹の下には

味があり過ぎるパンダのお人形たち

その昔、ジャイアントパンダが来た時の記念のようです

岡山にパンダが来た!と大騒ぎになったのを覚えています

秋の終わり頃に訪れましたが、クリスマス用でしょうか

リンゴでつくられたクリスマスツリーを発見

100円で得られているスタンプ帳を見つけ

早速1つ購入してみました

いろんな動物のスタンプがあるのですが

スタンプ帳を売っている場所に、全種類のスタンプが集まっています

昔はスタンプラリーとかしてたんでしょうか

良い感じのユルさが漂います

これも珍しい気がしますが、園内は犬の散歩OK

わんこを連れて園内を散策する方を何組も見かけました

それでは動物をウォッチング

まずはアミメキリン

おりの横側に回ってみると、近くで見えました。やはりデカイ

かわいいカワウソ君や

クジャク軍団を横目に

ヨーロッパ風彫刻の裏側は、ミーアキャットの住処

隣には手作りっぽいミーアキャット顔出しパネル

こちらは鳥類が多いエリア

頭の上がとってもゴージャスなカンムリヅルのオリのお向いは

マゼランペンギンのお家でした

お次はワニガメ

さすがは「ガメラ」のモデル。シルエットから迫力があります

ニュースでたまに見かける、カミツキガメも居ました

マゼランペンギンの裏には、ポニーがゆっくり散歩してました

休日には乗馬体験もできるようです

一瞬目を離したスキに5才児が目ざとく見つけたのは乗り物コーナー

小型の機関車や

バッテリーカー

年季の入った遊具たちが並びます

こちらは遊園地などでよく見かける

ウォッチングサイクル

園内をぐるりと1周しながら上からの景色を楽しめます

サイクル乗り場の奥は、ゲームコーナー

昭和の香りがプンプンします

携帯電話などというものは、ここには無いようです

エアホッケーもかなりの初期型

当然子どもが張り付いて、離れません

なだめつつ、脱出に成功したところで、その1は終了

その2は意外な進化を遂げていたチンパンジー舎からスタートです

※料金や園内の様子は2012年秋ごろ現在の情報です

スポンサーリンク