西川緑道公園(岡山市北区)その3




西川緑道公園、シリーズ第3弾の主役は「謎の犬島残念石」。

岡ビル前から桃太郎大通りまで、見所は

「石張テラス」「噴水広場」なのですが・・・・・・・・

とある場所で見た西川緑道公園の看板には

写真上、「犬島残念石」の文字が。何が残念なのか興味津々です。

花壇広場と石張テラスゾーンを分けているのは西川橋

その2の「緑濃い緑道」ほどでは無いものの、水辺だからか

木々が立派に葉を茂らせています

6月に訪れました。新緑がまぶしい季節です

水辺まで降りられる、幅の広い階段も。

ここに座ってお弁当を食べてもGoodです。

桜の季節は目の前が一面の桜で覆われます!素敵!

これが案内板にあった「石張テラス」

自転車置き場みたいになってましたが(^_^;)

お手洗いは古いですが、清掃はされています。

魚屋に八百屋や果物屋、本格的なコーヒー屋さん等々

岡ビル商店街は、入ってみると以外に面白い。

手頃な値段のお弁当や、美味そうなウナギ、アナゴ弁当まで

お花見では大活躍です。

でも、いくら探しても「犬島残念石」が見つからない。

見つかったのは一瞬カーネル・サンダースと間違えた

「福武一二氏」の銅像だけ。

説明書きを読むと、福武さんは駅前の開発に尽力した方だそうで。

ネットで調べてみたら、どうやら今の岡山メルパ(昔はグランド劇場)を

作った人みたい。ぜんぜん残念じゃない。

それらしき案内板も無いのですが、多分この辺りでは・・・・・と

見当をつけていると

川の中の石に人工的な切り欠きがあるのを発見

これが残念石・・・・・・・・だと思います。多分。

でも、何がどうして残念なのか良く分かりません。

家でネット検索してみたところ、残念石とは大雑把に言うと

「すごーく昔に大阪城を修復した際、材料として切り出されたけど

結局使われなかった石」だそうで。

犬島残念石ってことは、元は犬島の石だったんでしょう。と勝手に納得。

これ以上考えるのも面倒になったので撤収。間違ってたら誰か教えて下さい。

残念石と福武さんの像を過ぎると噴水広場。

噴水広場手前の橋には何か書いてありますが、ハッキリ分かりません。

最後の字は地面に埋まってるような気が・・・・・。

そして桃太郎大通りへ出てきました。西川緑道公園は

桃太郎大通りで一端区切れますが、南北に

「ももたろう」をモチーフにした銅像がありました。

こちらが主役の桃太郎君。なぜか軽く腕組み。

「あついわー。暑くてこまるわー」とか言ってそう。

犬は耳がカユいらしく、すわって後ろ足でカキカキしてます。

その3では桃太郎大通りを渡って、西川アイプラザ方面へ進みます。

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。