岡山市水道記念館(岡山市北区)




岡山市の三野浄水場敷地内にある岡山市水道記念館。レトロな雰囲気の建物内には、子どもも大人も楽しめるアトラクションが詰まっていました



記念館は三野浄水場の敷地内にあります。車で浄水場の入り口まで行くと

守衛さんが居るので、記念館に来たといえば通してくれます

奥に進むと、駐車場として簡単な目印があります

周辺には桜の木が沢山植えられています

敷地に入るとパッと目に付くレンガの建物が記念館

水道施設らしく、噴水も凝ったものが有りました

正面入口。倉敷の美観地区にも負けないレトロ感

昔の水道管が外に展示されていました

車椅子やベビーカー用のスロープ入り口も用意されています

正面入口を入るといきなり登場するのがこちら

お洒落なししおどしモニュメントです

モニュメントの裏は意味深なトンネル

なぜ子どもはトンネルをくぐるのが好きなのでしょうか

中には色んな生物の水分量を解説したパネル

公共施設にありがちなスタンプ台

デザインがカワ(・∀・)イイ!!

よく見たら巨大なシャチハタ!

子どもはハンコも好きですよねー

岡山市の水道の歴史を紹介した壁面パネルには

衝撃的な写真が

なんと、夏に浄水場を開放して噴水納涼園をしてた時代があったらしい

父ちゃん知りませんでした。なんかイルミネーションもあるように見えます

なんじゃこれ、凄くいいなー。またやってくれないかなー

端っこにあったけど面白かったのはコチラ

水道が引き始められた頃に使われていた

共用栓を再現したもの。お洒落です。実際に水が出ます

父ちゃんが水を飲んでいる頃、4歳児はこちらも定番

クイズコーナーに挑戦していました。適当にボタンをおして

丸が出てきたら喜んでいました。漢字読めないもんねぇ

珍しかったのは、山は天然のダムの役割をしていると

解説した展示。取っ手がついているのですが

なんと引き出し。古いタンスの再利用でしょうか

この発想は今まで無かった・・・・・

いきもの大好き2歳児のお気に入りはこちらの水槽

旭川に住む生き物が展示されています

水槽にカメラを近づけると、水中写真を撮った気分になれます

地面には水源から水がどう流れるか解説した

航空写真パネルもあります

その1はここまで。その2では体験型の施設を紹介していきます