藤公園(和気町)

総延長500メートル、全国から集まった約100種類の藤の花が見事な和気町の藤公園。毎年開花シーズンに合わせて開かれる「藤祭り」を訪ねました。人間も蜂も、花に夢中の1日です

スポンサーリンク

wake_fuji_000

(※2015年の藤祭りは終了しました)

テレビや新聞、観光雑誌にも出てくる藤祭り

平日にもかかわらず、県内外から車がワンサカ来ていました

wake_fuji_002

観光バスも次々やってきます

wake_fuji_003

駐車場から藤公園への道は、お祭りモード全開

wake_fuji_004

花、備前焼、お餅にお菓子に漬物・・・

目移りしながら進みます

wake_fuji_005

橋を渡って

wake_fuji_006

和気神社で、和気清麻呂公に挨拶して

wake_fuji_007

肉、魚、ソースの焼ける匂いと闘いながら

wake_fuji_009

藤祭りメイン会場前に到着

お祭りの期間だけ、入園料が必要

普段は無料の公園です

wake_fuji_008

ゆるキャラパネルを通り過ぎると

wake_fuji_010

藤の巨大アーチがお出迎え

wake_fuji_011

フワっフワの紫のアーチ

wake_fuji_012

下から見上げてみます

wake_fuji_013

広い広い藤棚の下には、沢山のお客さん

wake_fuji_015

この藤公園には、全国や海外から

各地を代表する色々な藤が集まっているそうです

wake_fuji_014

 

お近くでは大阪や

wake_fuji_016

兵庫

wake_fuji_017

こちらは小田原城ゆかりの藤らしい

wake_fuji_018

北海道は五稜郭からも参戦

wake_fuji_019

はるばる韓国や中国から来た木もありました

wake_fuji_020

丸っこくて可愛らしい花が咲く、見たことのない種類もあり

wake_fuji_022

地元の人に話を聞くと、八重のフジという珍しいものだそうです

wake_fuji_023

白い藤も、紫の中で鮮やかでした

wake_fuji_024

大きな蜂花から花へ

沢山の人には目もくれず夢中に飛び回ります

wake_fuji_021

長い長い藤棚を歩き

wake_fuji_025

開けた草の広場に到着

wake_fuji_027

ステージでは音楽なんかの催しもありました

wake_fuji_028

公園脇を流れる川で、お弁当を広げる人も

wake_fuji_029

園内にはあずまやや

wake_fuji_030

立派な休憩所があります

wake_fuji_031

休憩所には自販機やおみやげコーナー

wake_fuji_032

うどん、そばなど軽食も売っていました

wake_fuji_033

トイレは入り口近くに、綺麗で大きなものがあります

wake_fuji_034

帰りに見つけたサツキ

藤に負けないよう懸命に咲いていました

wake_fuji_035

帰る時間になっても、もうちょっと見たいなーと

何度か行ったり来たり。圧巻の藤を堪能しました

wake_fuji_036

藤公園だけでは観光が物足りない人は

旧閑谷学校も近くにあります

wake_fuji_037

子連れなら和気鵜飼谷交通公園

さらにお隣の和気鵜飼谷温泉もオススメですよー

スポンサーリンク